最新の情報機器、早くなった回線は生活を豊かにしてくれます

世界が大舞台となるように

IT社会の発展のために、日本は世界とのつながりを緊密にするべきだと思っている方が多いと思います。ITを通した経済基盤を強固にするために、世界との連携を視野に入れた経済活動が不可欠となり、情報同士との結び付きにより新ビジネスが誕生するなど、今ある情報ネットワークをより太くすることを目的としたIT社会の発展を考慮するべきだと思うのです。そうした行動によってネットワークを形成している糸が重なり合うことで、さながら太いパイプにしていくくらいの強固なつながりとなるように、世界を対象としたボーダーレスな交流を模索していくべきであり、世界を股にかけるほどの勢いで世界と渡り歩こうとする姿勢が日本に必要となるのです。
日本のIT文明の飛躍的な発展を目の当たりにした人は、「このまま日本がIT分野で世界一になったら、同じ日本人として俺は誇りに感じるだろうな。世界中の人達がITという言葉を聞くたびに日本という国がすぐに思い浮かぶように、日本人がITに尽力することが一つの宿命なんだろうな」という想いにふけることがあると思うのです。
日本のみならず、世界の国々が互いに歩み寄ってグローバルな関係となるように協調意識を育んでいることでしょう。まさに情報を通して国と国が結びつくことが宿命づけられているかのように、その関係を築くことに意義を見いだしていることがうかがえてくるのです。世界とのつながりから新たな歴史が始まるのです。

Post a Comment

Your email is kept private. Required fields are marked *