最新の情報機器、早くなった回線は生活を豊かにしてくれます

不死鳥のごとくの精神

シルバー人材などで、高齢者を貴重な労働力として活用していこうとするIT企業の動向が顕著になっているような気がします。今の時代は高齢者が多いというひとつの特色が浮き彫りとなり、社会から必要とされたいという想いから、もう一度人生に花を咲かせていこうとする高齢者が現れることで、高齢者をパイプ役とした社会とのつながりが構築されていくのだろうと思うのです。
極端に言えば、高齢者をベースとした経済基盤を形成していこうとするIT企業が現れても不思議ではなくて、これまでの人生経験から培われてきた技術と知識を活かした社会貢献をしていくことを生きがいとして捉えている高齢者の想いに応えるために、高齢者を気持ち良く社会に送り出していこうとする企業側の尽力が必要となるのです。
高齢者の中には、「わしは生涯現役じゃ!この人生を社会貢献に費やすことがわしの生きる使命なんじゃ!」という意気込みを表明することが多々あるのではないでしょうか。高齢者も努力次第でパソコンを自在に使いこなせるくらいの戦力として飛躍する可能性があるからこそ、高齢者を中心としたパソコン教室があるのが頷けるのです。高齢者が仕事に傾ける情熱の高さを感じると共に、自分が任された仕事を成功させていこうとする精神を携えていき、肉体までも若返るかのような感覚を覚える高齢者がいるかもしれません。人は目標を持つことで年齢に関係なく目標達成に向けた意識喚起をしていくことになるのは珍しくないのです。

Post a Comment

Your email is kept private. Required fields are marked *